<< 2010年 ベトナムの旅 13  * main *  2010年 ベトナムの旅 15 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- * -

2010年 ベトナムの旅 14

5月5日 その後の一日、ホイアン最終日。

やっぱりちょっとしか寝れなくって、6時くらいから目が覚め、トイレに行きつつ、イオン水飲みつつ、また寝つつ、を繰り返し。3時間ちょいしか寝てないや、と思い・・・

とにかく、ゆっくりしようと思った。

吐き気はだいぶマシにはなったが、食欲が出た、とまではまだいかない。



それでもねぇ、やっぱりじっとしてられないのよねぇ・・・

だいぶマシになったかな、だったらこんなとこでじっとしてられねえ!!



ホイアンは今日一日で終わりやんか!!!



とか思ってさ、



そやったら、行くとこ行っとかな!!



ってことでさ、

当初から予定していた通り、ナント、

チャリをレンタルして、30分かけてビーチまで行く

ことを実行すべく、いざ、出陣!!!

それでも、ワタシにしちゃあ、ずいぶんゆっくりしたもんだよ。
部屋を出たのが10時前だからね。

とりあえず、ホテルからちょっと行ったところにある、レンタサイクルでチャリを借りる。まあまあの品物だったな。もっとオンボロかと思ったけど。

半日レンタルでよかったんだけど、半日は朝9時までに借りないとダメだったんだって。
ってことで、しょーがなく、一日レンタルということで、100円。安っっ(笑)


とりあえず、何か腹に入れといた方がいいのではないか、と思った。

食欲が出た、とまではいかなくても、吐き気がマシになっただけ、ちょっとくらいなら食べれるんじゃないか、と。

ホイアン3大名物、ホワイトローズ・カオラウは制覇した。
残るは揚げワンタン




・・・・・・・




   揚げ





はムリやろ!!! さすがに!!!!

あああーーーーーーー、諦めるしかないか。
ここまで来たら、この体調を元に戻すのが先。

・・・その割にはチャリでビーチまで行こうとしてるが。

それは言わんとこっっっ!!!

で、ちょっとでもお腹に優しいもの、そう、フォーにしようと思った。

で、美味しいとウワサのフォー屋まで、早速借りたチャリで行く。
メニューはひとつしかないらしく、何も言わずに座ってると出てきた。

がしかし!

DSC06374.JPG


肉が 半生〜〜〜〜〜!!!!!


見てよ、明らかに赤いでしょ!!!

うわーーーーーーまじすか!

せっかく治りかけた腹が、このおかげでまたぶりかえす可能性、大×50くらいかな。
ただでさえ、常温保存の肉、それに熱湯をかけただけの調理、
いやいやいや、ないわーーーーー!!!!!
むーーーりーーーーーーー!!!!!

ってことで、麺だけ食べました。
スイマセン!たぶん、この半生肉がここの名物なんだろうけども。
でもって量が多い!!ハンパない!

病み上がりにさすがにムリでした。ほとんど残しちゃった!
ごめんなさい。。。。

けどまあ、何も食べてないよりはマシなのかな、と自分に言い聞かせ、いざ、
ビーチへ向けて出発した。10:30頃でした。

しかしこの日もクソ暑い。

平坦な道を延々と真っ直ぐ。まだ坂じゃないだけいいんだけど、なんせやっぱり体力弱ってるんやなーーーと実感した。
ただチャリこぐだけやのに、えらいしんどいなあ、、、と思った。

暑いってだけでも体力使うのにねぇ・・・

きっと、もうすぐのところまで来てるんだろうな、って所で結構な坂道が向こうの方に見える・・・

あれを越える前に、一休みすべきだな、と思い、カッフェで休憩。
そこでもトイレを借りた。相変わらずの状態だった。

だいぶゆっくりして、町を出てからすでに1時間が経過していたので、再度、
気合いを入れてチャリをこぐ。
思ったとおり、そこから坂を越えるとすぐに到着した。

だいぶ手前でチャリを預け(ちゃっかり観光客用のチャリ・バイク置き場があり、おっさんもいる)、そこから歩いて浜辺まで。

DSC06377.JPG

やっと着いたあーーーーーーー!!!!!

だいっぶ弱ってる・・・体が・・・・・

ゆっくりする間もなく、トイレが私を呼んでいるので、向かう。

DSC06376.JPG

やっと落ち着いたかなってとこで、ビーチを満喫。この写真の右側が道路デス。

DSC06378.JPG

木陰には、ひたすら地元の人たちがいて、みんなのんびりしてました。

DSC06379.JPG

ほんとに広くて、人も少なくて、いい感じ。

DSC06380.JPG

ここも、あと数年経てば大規模なビーチリゾート地になるんだろうなあ。。。

DSC06381.JPG


DSC06382.JPG

周りはひたすら何もなく、早速大掛かりな工事が始まってるような状態。
先に目をつけて、ホテル建てたもん勝ちやな。
ほんまにそう思った。

とにもかくにも、体が休みたいと訴えている。
このまますぐに帰ったら間違いなく倒れるような気がした。

ってことで、木陰で一眠りすることにした。
よくよく考えたら、睡眠時間ほとんどなかったもんなあ・・・

カバンを枕に、もちろん、敷くものなんかありません、砂だらけですが、
何か問題でも??

2時間ほど、寝たような寝てないような感じだったけど、寝転んでるだけでも違うもんね。
時計は14時になっていた。
行動開始が遅かっただけに、もうそんな時間か、と思った。

やっぱり、だいぶマシになっていた。
チャリ置き場までまた歩いて、来た道を一気に戻った。
帰りの方が断然近く感じるのは何でかね〜

そのままホテルへ直帰、ベッドへ倒れこむ。

薬飲んだり、うとうとしたりして、16時過ぎにまた外へ出かける。

ホテルの数軒隣のカッフェでバナナシェイクを頼んだ。

DSC06384.JPG

外を眺めつつ。。。

DSC06385.JPG

美味しかったなあーーーーーバナナシェイク!!

朝からほとんど食べてないのに、これだけでお腹いっぱいになったわ。。。

チャリを借りている間、せっかくなので、最後にホイアンの町をひと回りしようと思った。

DSC06386.JPG

おかげでこんなにランタンが並んでる店を見つけたよ!!

歩いてヘトヘトになった町を、チャリですいすい〜っと周れるのは気持ちがいいね。

悔いの残らないように、買い物もしつつ、ホテルに戻ったのはまだ17:30だった。もう夜のホイアンも昨日見たので、今日はいいや、ということで、チャリも返して、部屋に戻った。

やっぱりまだまともに食事は摂れない感じだったので、晩ご飯はムリ。
けどジュースとかはぐいぐい飲めるようになったので、まだマシだな。
そうなるとイオン水は不味すぎてもう飲めないけども。。。
トイレに行く回数も、だいぶ減ってきた。


さて、これでホイアンの町ともお別れ。

ここでちょいとまとめてみましょう。

5月3日  正午ホイアン到着、町散策
       食事: ホワイトローズ、コムガー
       体調: 特に異常なし

5月4日  ミーソン遺跡ツアー半日
       食事: カオラウ、プリン
       体調: 明け方から猛烈ゲリ、食欲なし

5月5日  ビーチへ
       食事: フォー(3分の1程度)、バナナシェイク
       体調: 真夜中に救急病院へ、猛烈吐き気


こんなんですわ。
         
イチバーーーーン楽しみにしていたホイアンが・・・・・
2日間で食べたものが2品だけって、ナニソレ!!!
体調良かったのが2日半のうち、半日だけってナニソレ!!!
気分良く観光できたのが半日って、ナニソレ!!!!

揚げワンタンが幻となった・・・

ほんまに悲しいわ。

まあ、言うてもしょーがないことだけど。
すごい思い出ができた、ということにしときましょう。

翌朝、ダナンの空港からホーチミンに向かいます。



旅行 * comments(0)

スポンサーサイト


- * -